結婚指輪は記念になる大切なもの|夫婦で決めましょう

2人の思い出の品として

リング

女性の趣向の把握

婚約指輪を購入する際に気になるのが、相場はいくらなのか、という点です。婚約指輪を購入した方を対象にした調査によると、その相場は20〜30万円程度となっているようです。婚約指輪は男性から女性に贈られるのが一般的ですが、お互いによい思い出となるか否かは、まずは男性が女性の趣向をきちんと把握できるかどうかにかかっています。例えば、ブランドやデザインにこだわりを持っているかどうかといった点です。ファッションが大好きな方であれば、安価な婚約指輪をプレゼントすればお気に召しませんでしょうし、贈った側も文句を言われては堪ったものではありません。逆に、それほどこだわりのない方に有名ブランドの凝ったデザインのものをプレゼントしても、それほど喜ばれないでしょう。確かに相場は気になる要素ではありますが、後々困らないように、相手の趣向をよく確認しておきましょう。

素材から選ぶ

婚約指輪を選ぶ際のポイントとして、女性の趣向を確認することの重要性はご説明した通りですが、そもそも婚約指輪にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、特に使用されている素材についてご説明します。婚約指輪に使用される素材として人気なのが、プラチナです。世の中のほとんどの婚約指輪に使用されています。しかしながら、最近では様々な要望に応えるべく、多様な素材が使われています。例えば、伝統的な素材であるゴールドを好まれる方もいらっしゃいますし、金属アレルギー対策として、パラジウムやチタンといった登場して間もない素材が使用されているものもあります。各々の素材の特徴はさることながら、その相場も異なりますので、色々と調べてみるのも手です。